全宗派
対応

僧籍簿登録された僧侶様のみご紹介します。
365日年中無休です。

事前相談無料

定額のお布施

心付け不要

0120-979-659


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ

理由がない限りは魂抜き(閉眼供養)はしておきましょう。

魂抜きとは?

魂抜き(閉眼供養)を「する」「しない」は必須ではないものの、ご先祖さまへ「ありがとう」という意味も込めて行った方が、安心して仏壇を処分できます。

仏教では「ご先祖様の魂が宿ったままのお仏壇を、ご先祖様にお声がけすることなく捨てることはタブー」とされており、お坊さんも揃って仏壇処分の際の魂抜きを推奨しています。

昔からの慣習で「供養をしないと罰があたる」と考える方も多く、何か事故や病気があった時に、起きた不幸を心のどこかにある「魂抜きしなかったことへの心残り」に結び付けて後悔したり、揉めたりする原因にもなります。

よほどの理由がない限りは魂抜き(閉眼供養)を行うことをオススメします。

魂抜き仏壇処分は葬テラスにお任せください!

仏壇処分~魂抜き(閉眼供養)すべてを一貫して頼みたい、急いでいるから早く何とかしてほしいとお考えの方は、葬テラスにご相談ください。

全宗派
対応

僧籍簿登録された僧侶様のみご紹介します。
訪問供養・合同供養どちらにも対応。365日年中無休です。

訪問・合祀対応

定額のお布施

お心付け不要

0120-979-659


見積もりは無料です。
お気軽にご相談ください!

メールフォームでのお問い合わせ